株式会社 全京都ハウジング
株式会社 全京都ハウジング

本日は全京都ハウジングのホームページをご覧頂き、真にありがとうございます。
弊社によく頂ます、ご質問をまとめております。

自分の住んでいるところは、売るとしたらいくらぐらいになるのでしょう?

土地の価格には何種類かあって、相続税の計算根拠になる「路線価」、固定資産税の「評価額」、行政が公表する「公示価格」などがあります。
ご質問の時価は、これらを参考に、また付近の売買事例などを考慮して判断していくことになります。
具体的には、ご自分で調べるのが困難な場合は、お気軽に当社へお問い合わせ下さい。

自宅を売却したい時、不動産屋さんへの依頼の仕方はどうしたらいいのですか?

不動産という大きな財産を売買するに際して、間違いやトラブルがあればたいへんです。
不動産業者が、お客さまから仲介業務の依頼を受け際には、以下の3パターンの契約が法律で決められています。


@専属専任媒介契約
お客様が依頼をする業者は1社のみで、例え個人的に売却先が見つかっても、その業者の仲介で売買をするタイプ。


A専任媒介契約
お客様が依頼をする業者は1社のみですが、個人的に直接売却先が見つかった場合は、その業者に仲介を依頼する必要はありません。


B一般媒介契約
お客様は複数の業者に依頼をすることができますが、各々どの業者に依頼をしているかを伝えておく必要があります。


これら3パターンの契約は、いずれも契約期間3ヶ月と定められており、それ以降継続するか、止めるかはお客様の自由意志です。
ちなみに、依頼を受けた業者としては一般的に言って、力の入いり具合は@→A→B の順番になるかな、と考えられます。

不動産屋さんには何となく気軽に問い合わせしにくいのですが?

一度問い合わせをしてしまうと、しつこくつきまとわれたり、押し売り的にされたりするのではないかと不安に思われるのかも知れません。
しかし、そんな心配は無用です。また、EメールやFAXを利用されるのも方法かと思います。
それでも、顔も合わさない話だけでは、突っ込んだ話までは無理かもしれませんね。
業者を選ぶのも有名、無名だけでなく、信頼できる友人や知人の紹介というのも安心できるのではないでしょうか。

住宅を購入する時の諸費用はどんなものが、どれくらい必要なのでしょうか?

たとえば、中古住宅2500万円(土地1800万円、建物700万円)の物件を住宅を購入する時の諸費用はどんなものが、どれくらい必要なのでしょうか?
例にとって説明しますと、


@仲介手数料    2500万円×3%+6万円+消費税=85万円


A所有権移転登記費用
登録免許税(土地評価額1100万円として)・・・16.5万円
(建物評価額300万円として)・・・6万円
司法書士手数料・・・約10万円


計・・・約32.5万円
*要件によって更に軽減税率あり


B契約印紙代・・・1万5千円


C住宅ローンに必要な金額
例えば2000万円を20年返済で民間銀行で借り入れた場合
・銀行ローン保証料・・・約30万円
(一般的な目安です。銀行やタイプにより様々です)
・火災保険料・・・約15万円
(保険額700万円、期間20年一括払いとして)
・銀行事務手数料・・・約4万円程度
・印紙代・・・2万円
・抵当権設定費用・・・約14万円
等々です。たくさん要るものですね!

ページトップへ戻る